スマート置き去り・持ち去り検知システム

スマート置き去り・持ち去り検知システムとは?

​<概  要>​

  • カメラ映像画面から特定区域をマーク、マークした区域での置き去りや持ち去り又は不法侵入(不法駐車や不法投棄) などが発生した場合、素早く検知、アラームにて通報するシステムです。 マークした場所の異常事態をより速く対応することが可能なシステム。

 

  • 遠隔地のカメラ映像をPCへ簡単セット、異常を検知した場合アラームを発して通報、全記録を クラウドへ録画保存、PC以外にもスマートフォンへの通報も受けることが出来、何処からでも検知が 可能で厳しい警備体制を自動化、無人化することが出来るシステムです。

<用 途>

 

  • 不法駐車、不法投棄、不法侵入が頻繁に行われる区域や場所、混雑のお知らせが必要な場所。

  • ホテル、介護施設、銀行など高度なセキュリテー警備が必要な場所。

スマート置去り、持去り検知システム (イメージ)

leave detec.PNG

スマート置去り、持去り検知システム (特 徴)

<特 徴>

  • カメラは従来設置されているアナログカメラの使用が可能なため、新たなカメラの設置工事は不要。

 

  • 簡単なセットアップで複数の場所を同時に警戒が可能なため、警備コストを大幅削減、安価にて厳重な警戒システム構築が可能。

 

  • スマートフォンでもPC同様、映像とアラートでお知らせするため、何処からでも分かる。

<システムの流れ>

  • PCにて従来設置されているアナログカメラの映像から置き去り又は持ち去り、混雑などを検知したい場所をセットアップ。

  • セットアップした区域での置き去り、持ち去りの検知があるとクラウドへ自動録画がスタート。同時に起動中のPCとスマホへ自動アラーム通報と検知画面がポップアップしてお知らせ。